住み込みの仕事ってどうなの?メリットとデメリットを考えてみよう


住み込みで工場で働くメリットとは?

工場勤務の求人でよく見られるのが「社員寮あり」などといった住み込みで働くことが出来る求人です。工場の求人では、業務に集中しやすい環境を作るために住み込みを勧めてくることが多いのです。実際に住み込みで働いている人からは「通勤時の負担が減った」などといった声が聞こえてきます。住み込みの寮は工場の近くに置かれていることが多く、また、工場によっては送迎バスが用意されていることがあります。そのため、自宅から工場へ通うよりも格段と通勤が楽になるのです。この他の住み込みで働くメリットとしては「貯金がしやすい」という点が挙げられます。寮は家賃が安いだけではなく家賃に光熱費が含まれていることがあります。それゆえ生活費を抑えることが出来るので、働いて得たお金を貯金にまわすことが出来るのです。

住み込みで工場で働くデメリットとは?

住み込みで工場で働くことにはメリットが多い反面、デメリットも多く潜んでいます。それを知らずに住み込みで働いてしまうと長続きしない可能性があるので、デメリットを事前に知っておくことはとても大切なことだと言えるでしょう。まず最初に挙げられるデメリットとして「毎日の生活が単調になる」という点があります。住み込みで働くと工場と寮を往復するだけの生活になりがちです。毎日の生活に変化が乏しいため、飽きっぽい人は辛く感じてしまうことでしょう。また、工場の寮は郊外にあることが多いので娯楽施設が近くに無いという場合もあります。息抜き出来る場所が少ないということも、住み込みで働くデメリットだと言えます。

utエイムの求人情報なら

Related Posts

工場勤務を希望している方は必見!後悔しない工場求人の選び方

リゾートバイトがおススメな理由3つを挙げてみました

工場の求人を選ぶときの目安をいくつか紹介します