憧れの外資系企業への転職!求められる2つのスキルとは?


自分の意見を伝えるためのコミュニケーション能力

人気の高い外資系企業は「自分の意見をしっかりと伝えなければいけない」という暗黙のルールが存在します。自分の意見を発言出来ない人間は信用されないだけではなく、仕事が出来ないと判断されてしまう事も珍しくありません。外資系企業への転職を検討している場合は、自分の意見を伝えるためのコミュニケーション能力を磨く必要があります。残念ながらコミュニケーション能力を証明する資格は存在しません。面接時にしっかりと自分の価値をプレゼンする事がコミュニケーション能力の高さのアピールに繋がります。また、文章能力からコミュニケーション能力の有無を判断する面接官・人事担当者も多いので履歴書・職務経歴書やカバーレターの書き方も必要となります。

外資系といえば語学力!

英語や中国語等、語学力の高さを求める外資系企業も増えています。総合職ではなく1つの分野・業務に特化した「スペシャリスト」を採用する事が多い外資系企業ですが、語学力はどの分野・業務でも必須となっています。「どの程度の語学力があれば良いのか?」と疑問を持つ方も多いですが、語学力に関しては「高ければ高い程良い」と言えます。語学力はコミュニケーション能力と違い、需要の高い英語と中国語は自分の語学力を証明する事が可能です。求人に応募する際に、英語のTOEICや中国語のHSKのスコアの開示を求められる事もあります。外資系企業に転職したい場合には、適当に語学力の勉強をするのではなく、需要の高い英語と中国語に絞った学習が無難です。

外資 ITとは、海外の有名企業が日本へと進出した時の子会社のことです。日本で暮らしながら、海外企業で働けるチャンスでもあるのです。

Related Posts

短期間で高収入を得られる!?工場の仕事の良い所

仕事の探し方とは?効率よく求人探しができる方法を紹介

寮ありの仕事探しをして、生活における固定費を節約しよう!