コロナ禍における障害者求人の状況について

やはり求人は少なくなっている状況

新型コロナの影響で、障害者求人も以前に比べて少なくなっている状況です。特に、事務職は人気が高いため、求人枠が少ないところへ多くの応募が寄せられることから、競争率は高くなっています。しかし、求人が全く無いというわけではなく、ポツポツと求人は出ているので、あまり焦らずにじっくりと自分に合った求人を探すことが、このような状況下においては大切なことなのではないでしょうか。

規模の大きな会社が積極的に求人を出している

会社の規模が大きくなると、社会的な責任を果たすために障害者枠を設けて採用をすることが求められます。コロナ禍という難しい状況にあっても、積極的に障害者を採用し、企業としての社会的な責任を果たそうという姿勢が見受けられます。障害者求人というのは、主に身体障害者や精神障害者向けの求人であるため、特別な配慮が必要となります。しかしながら、ある程度企業側が配慮をすることで、能力を発揮して真面目に働く人がほとんどであるため、企業側としても雇用のメリットがあります。

非公開での面接を実施する企業も多い

こうしたコロナ禍という状況においては、障害者求人の場合、公開求人を掲載せずにハローワーク窓口に非公開求人を出す企業が増えています。大々的に求人を出すよりも、ハローワークを窓口にして特定の人に声をかけ、その中から面接を実施するという方が、採用する企業側としてもコストを抑えることができるというメリットがあります。このような求人は、ハローワークから求職者に対して直接照会がなされることが多いです。

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークシステムの設計と構築、そして安全に運用ができるように保守することです。

Related Posts