工場の求人を選ぶときの目安をいくつか紹介します


作業内容をきちんと確認する

製造業界は慢性的な人手不足の状況です。そのため、求人数が都市圏を中心に多く出ていますが、どれを選んだらいいか迷う人は少なくないでしょう、選ぶときの目安としては、まず求人の作業内容を確認することから始めましょう。たとえば、重いものを運搬するような内容だったら体力がある人にはいいでしょうが、体力にあまり自信のない人は避けた方がいいかもしれません。あるいは、組立加工という仕事どあれば器用さが求められます。自身ができること、できないことの判断が読むだけでわかるので、求人の作業内容は細かいところまでしっかり確認しましょう。求人によってはざっくりとしか書かれていないこともあるので、問い合わせるなり面接で聞くなり確認しましょう。

給料や残業代も大きな目安になる

給料も目安にすることができます。前職と比べて多いか少ないか、少なければどこまでが許容範囲内なのか、あらかじめ自身で考えておくとより良いでしょう。このとき注意することは資格手当の有無です。基本給が少なくてもフォークリフト免許などの資格手当がいくつも付いていると、月々に貰える給料は変わってきます。また、残業代の有無を確認することも大事です。製品を作る仕事に必ずついてまわるのが納期です。もし納期が遅延している場合は残業する必要が出てきます。そのときにしっかり残業代が支払われるのか、1時間単位でいくらなのか把握しておきましょう。残業代が出るからといってあまりにも残業自体が多すぎるところは避けた方が無難かもしれません。

岐阜の工場の求人に遠方から応募したいときには、寮完備の求人を選ぶのがいいです。敷金・礼金などの初期コストは基本的に不要、交通費も会社が支給してくれます。

Related Posts

コロナ禍における障害者求人の状況について