工場の仕事の種類と近年の働き方の変化を紹介


工場の仕事の種類を知ろう

工場の仕事は製造販売している製品によってさまざまです。たとえば、化粧品を作るなら原料を調合する仕事があれば、調合したものをボトルやケースに入れる仕事もあります。また、男女比も異なります。化粧品メーカーなら女性の比率は高く、金型を製造している会社なら男性が圧倒的に多いです。しかしながら、ものづくりという点では共通していますので、そのあたりについて焦点を当てていくと、まず製造の仕事は必ずあります。扱う製品によって原料調合をしたり、製品の加工をしたり、部品の組立加工をするなどバリエーションはあります。

また、技術の仕事も必須です。製品をどのように作るのか、その設計図を作る仕事です。さらに、出来上がった製品が問題ないか確認する品質保証あるいは品質管理という仕事も必ずあります。最後に、完成した製品をお客様に届けるために出荷・梱包する役割もあります。

働き方に変化が起こっている

工場には多くの仕事がありますが、近年はその働き方に変化が出ています。たとえば、以前は工場で働く人は基本的には工場で仕事をするものでしたが、最近は技術職と営業職が一緒に顧客を訪問して製品PRをしたり、技術打ち合わせをする傾向が強くなりました。窓口は営業ですが、製品知識をカバーしたり、より顧客の求めていることを正確に把握した製品提案をするために、多くのメーカーが行っています。こうして、工場とお客様との距離をなくして売上に貢献し、自身のキャリアアップにもつながるというわけです。

住んでいるところが埼玉県で、埼玉の工場の求人を探して働きたいなら、エリアを限定している求人情報サイトを使いましょう。

Related Posts

コロナ禍における障害者求人の状況について